恋愛で一番大事なのは自信を持つこと。それは事実です。多くの人がそう言いますし、たいていの恋愛本にはそう書かれています。

 

まず、自信を持っているというのは恋愛に限らず人生のすべてに万能です。

 

仕事も自信を持っていない人より持っている人のほうがはるかにうまくいきます。

 

人間関係においてはもっとわかりやすいと言えるでしょう。

 

自分は好かれる価値があると思っていれば、相手に傷つけられることを恐れなくなります。

 

恐れていないから相手がどんな態度をとってもベストな対応ができます。

 

ベストな対応ができるということは、常にベストな結果がついてくるということです。

 

自信さえあれば人生は素晴らしい。

 

しかし、自信を持て!と言われて持てるものでしょうか。自信とは何でしょうか。

 

それは、あなたが今まで生きてきた中で培われたあなた自身への評価です。

 

長年かけて固まった自己評価を、自信を持とうとする意志だけで変えられるものでしょうか。

 

私はできないと思います。自信を持つぞ!と思った瞬間は無敵のように感じられるかもしれませんが、あなたの中に十数年、あるいは数十年かけて積み重なった無意識を打ち破ることなどできるはずがないのです。

 

もしも意志だけで自信を持つことが可能なら、世の中の恋愛本や自己啓発本は不要になりますが、本屋ではそういった類の本は常に平積みされていますよね。

 

では、どうすればいいのか。私は次の二つの方法をおすすめしたいと思います。

 

ひとつめは、自信がないということを認めてください。

ラインの既読がつかなくなったり、急に連絡が途絶えたりしたら、まずは落ち着いて。

 

嫌われたと思ってしまうのは、あなたに自信がないからです。

 

嫌われたという判断は自分の自信のなさが問題だということを自覚してください。

 

問題があるのは相手の行動ではなくあなたの心です。落ち着いて考えれば、それまで仲良くしていた人が急に返事をしなくなるのは何か事情があります。突然仕事が入って忙しくなったのかもしれません。

 

携帯が故障したのかもしれません。そんなさまざまな可能性を打ち消して、嫌われたと思い込んでしまうのはおかしいですよね。そして心に余裕ができたなら、相手を心配する気持ちすら湧いてくるでしょう。

 

返事がないことを怒るのではなく純粋に心配してくれる人が魅力的なのは言うまでもありません。

 

 

ふたつめは、相手もまた自分と似たような人間だと知ることです。

私は完璧に自信を持っている人間には会ったことがありません。

 

あなたが好きなあの人もあなたと同じように自分に自信が持ちきれず、誰にも言えない闇を隠し、理解者を求めて生きているひとりの人間なのです。好きになった相手は完璧に見えてしまうものです。

 

でも、相手がどんなに素敵に見えていても崇拝しすぎないでください。

 

相手の言動を絶対的なものとして一喜一憂するのではなく、お互いに不完全な人間として対等に向き合ってください。

 

そうすれば、相手があなたを好きになるビジョンもおのずと見えてくるでしょう。

 

 

恋愛は自信を持てばうまくいく。自信を持つ最初の一歩は、自信がないと認めることからです。

 

そして相手も似たようなものだと受け入れること。

 

これを意識して続けているうちに、あなたはあなた自身への評価を高めていくことができるでしょう。そしていつかそれが本物の自信になるのです。