女性のほとんどの方は「いつまでもきれいでいたい!」という願いがあるのではないでしょうか。人間はだれしも年を重ね、それとともに徐々に老化があらわれてしまいます。

 

もっとも実感しやすいのは、しみやしわ、肌荒れなどのお肌のトラブルですよね。

今回は、お肌のアンチエイジングに効果のある、野菜をとり入れた食習慣について書きたいと思います。

しみやしわが出来る原因には加齢や乾燥、紫外線による影響が強くあります。

 

外からのケアは化粧水や美容液など、ドラックストアなどへ行けば様々なケア商品がありますよね。

 

では、内側からのケアは何ができるのでしょう。

 

それはやはり、食事によるケアです。

体を構成している重要な成分はたんぱく質ですが、それは肌も同じです。

 

肌トラブルを予防するためには、たんぱく質源になる食品を摂る必要があります。

 

肉(脂身のすくないもの)や青魚はもちろんですが、大豆や大豆製品も積極的に摂ってほしい食品です。というのも、大豆には植物性の良質なたんぱく質がふくまれており、女性ホルモンの働きを助けてくれるのです。

 

また、卵や牛乳・乳製品もたんぱく質とともにビタミンやミネラルを豊富に含んでいるので、毎日の食事に取り入れましょう。

肌の老化を防ぐには、抗酸化ビタミンと機能性成分が必要不可欠。

 

この二つを得るためには、緑黄色野菜をたっぷりと摂ることが大切です。

 

緑黄色野菜には、人参やカボチャ、小松菜やほうれん草、ブロッコリーなどがあります。

 

どれもスーパーで安く買うことができる野菜なので、日々で食事に取り入れやすいと思います。

肌荒れは、加齢も原因の一つですが、加齢に限らず誰にでも起こる肌トラブルです。

 

肌荒れを改善し予防するには、栄養バランスのよい食事が大切になります。先に述べたように、肌の材料になるのはたんぱく質ですが、肌を健康にするのはビタミンやミネラルです。

 

とくに必要とされるビタミンは、ビタミンA・ビタミンB2・ビタミンCで、これらはやはり緑黄色野菜や果物に多く含まれています。

 

またミネラルには、乳製品や海藻、緑色の野菜に多く含まれるカルシウムと、レバーや小松菜、豆類に多く含まれる鉄が必要です。

肌トラブルにもっとも影響を与えるのが紫外線ですが、紫外線は肌のみならず細胞にまでダメージを与えるのです。

 

そのため、食事でのケアも必須になります。ここでも重要になるのは、抗酸化作用のある緑黄色野菜です。

 

βカロテンやビタミンCとEなどの抗酸化ビタミン、さらにポリフェノールやトマトに多く含まれるリコピンなどの機能性成分を積極的に摂りましょう。

 

また、緑黄色野菜は加熱をして油と一緒に摂ると、βカロテンの吸収率があがりますよ。

お肌のハリを保つためにはコラーゲンとはよく聞きますが、たしかに、ダメージを受けた肌の再生にはたんぱく質だけでなくコラーゲン補給も必要になります。

 

化粧水や美容ドリンクなどにもコラーゲン入りと書かれているものが多くありますが、実はコラーゲンは、たんぱく質とビタミンCから体内で合成することもできるのです。

 

値段の高いコラーゲンサプリを買うよりも、普段の食事からたんぱく質とビタミンCを多く含む食品を摂ったほうがよい気がしませんか。

アンチエイジングと言えば、積極的に体を動かすことや良質な睡眠をとることが大事です。

 

しかしそれに加えて、食事でのケアも非常に重要なのです。

 

普段の食事にたんぱく質源や緑黄色野菜を多くとりいれて、お肌のアンチエイジングを生活習慣の一つにし、お肌のきれいを続けましょう。

 

参考情報:ベルタこうじ生酵素最安値