安産で健康な赤ちゃんを出産するためには、妊婦さんは食生活や栄養が特に重要になってきます。

 

ではなぜ栄養が必要なのでしょうか。妊娠時は子宮や乳腺の発育、羊水や胎盤の形成、胎児の発育に多くの栄養を必要とします。

 

特に、胎児の体を作る為のたんぱく質、鉄、カルシウム、調整の為のビタミン類をたくさん取ることが重要です。

 

まず、必ず3食きちんと取ることと、バランスの良い食事が必要です。日本人は昔から和食文化として一汁三菜を取るとよいとありますよね。

 

主食、主菜、副菜、汁物、乳製品、果物こちらは毎食積極的に摂っていただきたいものになります。

 

通常の方はこれだけでも良いのですが、妊娠中の方の場合は普段よりも多めにとっていただく必要があります。

 

妊娠初期であれば、エネルギーは通常1日約1950キロカロリーに対して+50、中期+250、後期+450と胎児の成長に合わせて多くとっていただく必要があります。

 

その他のたんぱく質やカルシウム、鉄、葉酸なども通常よりも意識的に摂取が必要になります。これらがきちんと足りていないとどうなるかというと、貧血が起こります。

 

貧血はたんぱく質不足、食事量が少ない、ビタミン不足、胃腸の働きが悪い、鉄分不足、栄養素のバランスが悪い。

 

などによって起こります。鉄分が特に重要で、子宮や胎盤などに血液を供給しなければならない上にお腹の中の赤ちゃんも胎盤を通して鉄分を取っているので貧血をおこしやすくなります。

 

鉄分が不足するとお母さんも疲れやすく、胎児の発育が悪くなったり、分娩時や産後の母体にも悪影響を及ぼします。

 

鉄の吸収をよくする方法はたんぱく質やビタミンA、Cなどと一緒に取ると吸収率が良くなります。コーヒー、紅茶などタンニンを含むものは、鉄の吸収を妨害するため過剰な摂取は控えた方がよいです。

 

妊娠後期20週以降お産後12週までに高血圧または、高血圧にたんぱく尿を伴う場合を妊娠高血圧症候群といいます。

 

妊娠高血圧症候群を予防するにも、食事が重要になります。なるべく塩分控えめの食事をこころがけること。新鮮な食材を用いること。

 

ケチャップ、酢などなるべく塩分が少なく味付けできるものを選ぶこと。

 

外食を控えること。などです。

 

妊娠中は特にこのように栄養や食生活に関して敏感にならなくてはならないです。

 

今までは健康や栄養にあまり関心がなかった方でも、これをきっかけに健康に意識を向けるチャンスですし、産まれてくる赤ちゃんの為に出来るだけ栄養をしっかりと与えてあげたいですよね。

 

また、最近では葉酸サプリというものが多く発売されています。

 

女性の社会進出が叫ばれている中で、栄養確保が難しい女性は葉酸サプリを使用してもいいかもしれませんね。

 

マカナ葉酸サプリという商品は無添加で、安全に作られているので注目です。

 

食生活をしっかり見直し、元気な赤ちゃんが産めるように頑張りましょう。

 

参照サイト:マカナ葉酸サプリ最安値はコチラ