赤ちゃんとは泣くものですよね。
そうはわかっていても、泣かれてばかりでは辛いです。

眠たくても泣きます。
抱っこをしていて、寝たかなと思い布団におろすと、また目をぱっちり。
そして泣きます。

こういう時、私はあかちゃんのおでこをなでます。
髪の生え際から眉毛のほうに向かって。

そうしてそのまま、眉毛からさらにまぶたの方に。
まぶたを閉じさせるイメージで、軽くそうっとなでます。

他には赤ちゃんの耳に、自分の指を入れ、こちょこちょっとしてあげます。
これも気持ちが良いのか、目を閉じて、じっとしてくれることが多いです。

基本的に寝かしつけの時は、横になってトントンするより、
だっこをしてゆらゆらしてあげる方が、早く寝る気がします。

そしておしめ換えの時です。
寝返りができるようになると、おしりを拭いている途中で動こうとします。
はいはいができるようになると、仰向けにされただけで嫌がって
逃げ出そうとすることもしばし。

ここで使うのは、赤ちゃんお気に入りのおもちゃなどです。
手に持たせてあげるだけで、寝ながら遊ぶので、少しは換えやすくなるかと思います。

ちなみに我が家のお気に入りはタオルです。
タオルの角が好きなようです。

そして、あかちゃんと言えばいろいろいたずらをしますよね。
さっき片付けたはずのおもちゃの箱が、もうひっくり返ってる!なんてことはざらにあります。
ゴミ箱をあさる事も、玄関に出て靴を室内に持って来ることも。

私は片付けに関しては、日中は諦めることにしました。
もちろん時々おおまかには片付けます。

でも常に綺麗な室内でいようとすると、イライラしてしょうがないです。
片付けるはしから出していかれますからね。

だから片付けは赤ちゃんが夜に寝てからすると決めました。
そうすると少しだけ楽になれましたよ。

ゴミ箱は手の届かない所に置く。
玄関や靴は、なるべく綺麗にしておく。

これまでのスタイルをちょっと変えるだけで、いたずらに対するストレスは減るかもしれません。

赤ちゃんや子供と接するのは、大人と違い、理解しがたくストレスに感じることも多々あります。
少しでもストレスが軽くなるようにしていけたらいいですよね!